注文住宅だからできる快適な住まいづくり|住宅設備にもこだわる

見取り図

住宅の見学が重要

間取り図

住宅展示場をまわる

注文住宅の建築を検討する場合には、ハウスメーカーを選ぶところから始めなければなりません。自分がどのような建物を建てたいかをある程度考えておかなければ、ハウスメーカーだけを選ぶことはできません。ある程度具体的なイメージを検討したうえで、それを実現するためにはどのようなハウスメーカーが望ましいかを検討していくことになります。例えば、耐震性などの強度を求めたり、高層階の一戸建ての建築をしたいと思ったら、木造住宅ではなかなか理想的な住宅を立てることはできません。そのような場合には非木造住宅の建築も検討する必要があります。様々なハウスメーカーを調べていくためには、住宅展示場のようにメーカーが集まっているところを見学することがお勧めです。

実際の建築現場を見学

注文住宅のハウスメーカーが住宅展示場には多く集まっていますが、実際に注文住宅を建築する場合と、住宅展示場の住宅とでは若干違っていますので注意しなければなりません。通常の注文住宅に比べると、住宅展示場の住宅は大きめにつくられている場合がほとんどです。特に、設備や材料もグレードの高いものを使用しているため、いざ建てようと思ったら、住宅展示場のものよりも見劣りしてしまうということも少なくありません。そのため、住宅展示場である程度のハウスメーカーを絞ったら、次の段階として建築途中の物件を見せてもらうことが参考になります。実際に検討して建てられる住宅ですから、いろいろな工夫があります。これから建てる時にとても参考になります。