注文住宅だからできる快適な住まいづくり|住宅設備にもこだわる

見取り図

機能と家計の両面に有効

男性

隙間の少ない住宅

高気密住宅とは、壁と建具、或いは壁と天井といった住宅内の接合部分の隙間を少なくし、そのことによって室内に外部の空気が入り込む余地を低減している住宅のことで、気密性を高めることでエアコンなどを稼働させた際の冷暖房機能が効率的に作用するという効果があります。そして、高気密住宅はこうした気密性の高さとセットで壁面の断熱性能も高められていることが一般的で、こうした高気密性能と高断熱性能の併用によって冷暖房機能がより効率的に作用するようになっているのです。そしてこのような高気密住宅をより有効に作用させる上で昨今の新築一戸建てで導入されるケースが増えてきているのが24時間空調のシステムです。というのも、高気密住宅は気密性の高さゆえに自然換気の能力が高いとは言えませんので、24時間に渡って空調を管理することで、十分な換気を行いつつ高気密住宅の性能を有効に活用しやすい環境が整うのです。

光熱費の削減に効果的

高気密住宅が人気を集める大きな理由の1つが、気密性の高さによって冷暖房機能がより効率的に作用することで光熱費の削減に繋がるためです。そして昨今では家庭用燃料電池やスマートハウスといった環境性能を向上する一般家庭向けの住宅設備やシステムが普及しています。高気密住宅にこうした設備やシステムも取り入れれば、自家発電や消費電力のコントロールによって、より少ない消費電力でより長く空調効果を持続できる環境が整いますので、一層の光熱費の削減を実現することができるのです。その上、現在では家庭用燃料電池やスマートハウスなどの、環境性能を向上させる住宅設備やシステムの導入に際して国や自治体からの補助金が支給されることもありますので、高気密住宅の購入を考える際にはこうした機器類やシステムの導入も並行して検討する方が効果的です。